Jazz platz ジャズプラッツ

ジャズプラッツでライブを楽しみませんか



昨今の池長さんを見ていると、2014年頃から変化が見えて、忙しさの内容も変わっているように思えます。そのきっかけは2014年11月にデンマークの素晴らしいミュージシャン3人、ニコライ・ヘス(Nikolaj Hess(p))、クリスチャン・ヴースト(Christian Vuust(sax))、アンダース・クリステンセン(Anders Christensen(b))が初来日したことから始まっているように見えます。

元々ECMサウンド(ヨーロッパの名門ジャズレーベル、透明感のあるサウンドと澄んだ音質が特徴)が好きで、クリスチャン・ヴーストとはバークリー音楽大学時代に知り合ったこと、バークリー時代に既に、クールで落ち着いた音楽の方が好きだと自覚したことを含めて、池長さんと北欧ジャズとの繋がりは芽生えていたのでしょう。

日本のジャズファンは北欧のジャズマンたちを温かく迎え、彼らも日本に好印象を得て、それからは絆が深くなりつつあります。その橋渡しを池長さんが担っているようです。

2015年は3月の恒例のバード・シーガー来日で、マサ・カマグチとのトリオのツアーで始まり、7月にはコペンハーゲン・ジャズ・フェスティバルに招待されて渡欧。10月にテナーサックス奏者ヤコブ・ディネセンとマサ・カマグチの来日でトリオ・ツアー、翌11月にはクリスチャン・ヴースト再来で市野元彦、萬恭隆とともにカルテット・ツアー。このときにはジャズプラッツにも来ていただきましたね。これらのツアーのために、池長さんは演奏場所のブッキングから宿や国内での切符など、すべて手配するわけです。

さらに2016年になると、3月に今度はニコライ・ヘスとイェンス・スコウ・オルセン(Jens Skou Olsen(b))が来日、7月には池長さんが再びコペンハーゲン・ジャズ・フェスティバルに招待されて北欧へ、9月にはスペインのピアニスト、マルコ・メスキーダ(Marco Mezquida)とマサ・カマグチが来日してツアー。

さすがに昨年はバートさんが来日できる日程を取れなかったのかもしれませんね。池長さんは演奏の傍らプロモータ―の役もこなしながら、誰か助手がほしい!と思っているかもしれません。

今年もバート・シーガー・トリオのツアーの後には、5月にクリスチャン・ヴーストの来日が決まっています。日本で受け入れてくれるミュージシャンがいれば、海外のミュージシャンがまた来日したいと思うのは当然でしょう。池長さんを通して北欧と日本のミュージシャンの交流の輪が広がり、ジャズファンも増えていくと期待しています。

でも、それだけでは終わっていません。池長さんは多忙な中でも自分の音楽を色濃く出せるリーダーグループを結成しました。それがThe Poetry of Impressionism(印象派の詩)で、メンバーは池長一美(ds)、橋爪亮督(ts)、浅川太平(p)、萬恭隆(b)です。結成して2年余り、個性的な素晴らしいメンバーに恵まれて、ますます自由に真摯に自己の音楽を追及しグループの音楽を深めることに取り込んでいます。それ以外に、多くのレギュラーグループとの演奏も.あり、まさに充実期、いえ、さらなる飛躍期というべきでしょうか、まだまだ忙しい日々が続きそうです。

いよいよ三日後にライブが迫りました。バード・シーガーさんからもメールが届いています。「南大沢の素晴らしいコミュニティに聞いてもらいたい新曲を携えて、皆さんにまたお会いできるのを楽しみにしている」とのことです。
まだ少しお席が残っています。お時間のある方は是非ご予約ください。
ルヴェソンヴェール(042-677-3301)でも、このサイトのメールフォームでも、お待ちしています。

スポンサーサイト


米子市出身の松本茜さんがジャズに目覚めたのは8歳のときだそうです。
4歳からヤマハ音楽教室でピアノを習っていたそうですが、あまり熱心は生徒ではなかったとか。ところが、小学校二年生のときに米子市で北村英治氏(クラリネット奏者)のコンサートがあり、それを聞いてジャズの自由さ、楽しさに目覚め、一人でジャズの真似事を始めたと、ご本人がインタビューで語っています。さらりとした言葉ですが、8歳にしてジャズの感覚を自分なりにとらえて、それをピアノで弾いてみるなんて、只者ではありませんね。その二年後に北村氏が再び米子市を訪れたときに同行していたジャズピアニストの勧めで、CDを聞いてはそのコピーをするという方法でジャズを独学で学んだとのことです。

2004年、高校一年生の時に自分のレベルを知りたくてバークリー音楽大学のオーディションを受け、見事、学費全額免除試験に合格。同じ年に第3回浅草ジャズコンテストのソロプレイヤー部門で金賞を受賞。独学でしっかり基本を学ばれたようです。

2006年に日本大学学術学部に進学して上京し、本格的に演奏活動を始めました。
そして学生時代にアルバムデビューを果たし、2008年5月に最初のアルバム「フィニアスに恋して」、2009年にはニューヨークでレコーディングした「Playing New York」を発表するという目覚ましい活躍ぶりです。天才少女ピアニストと呼ばれた所以です。

松本さんのピアノはよくスウィングするので、聞いている方はつい体が揺れてきます。
でも、演奏しているご本人は高速で弾いているときでも、ベースやサックスと渡り合っているときでも音が安定していて、表情はとてもクールで、体にも全く力みが感じられません。松本さんのピアノをぜひお楽しみください。

ご予約はルヴェソンヴェール(042-677-3301)にお電話でどうぞ。
このサイトのメールフォームからもお受けしていますのでどうぞ。

Whats Jszz

6月に入りました。梅雨入り宣言もありましたが、今日はどうやら雨が遠慮してくれているようです。

ジャズプラッツのライブが終了したら、今度はWhat's Jazzの「ジャズへの招待」が近づきます。
実行委員会の方とはまったく打ち合わせをしていないのですが、なぜか日程が近くなるんですよね。
お互いに、本番を聞きあっているので、以心伝心でしょうか?

金曜日の夜、仕事帰りにでも、聖蹟桜ヶ丘の関戸公民館にぜひお立ち寄りください。
ご一緒に楽しみましょう!
新年おめでとうございます。
今年も好天に恵まれた穏やかなお正月でしたね。いかが過ごされたでしょうか。

本年もジャズプラッツをどうぞよろしくお願いいたします。
さっそくですが、What's Jazz のお知らせが届いています。
こちらのほうも、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今回はおなじみのメンバーによる演奏のようですね。
曲目など詳しくはこちらをご覧ください。

http://tamamiles.jimdo.com/




「ジャズへの招待」のお知らせが届いています。

今回は大ベテランばかりですね。
秋満義孝 (p)さんは戦後の日本のジャズ界を担ったジャズピアニストの第一人者。
尾田悟 (ts)さんは1985年にモントレー・ジャズ・フェスティバルに出演され、欧州を中心に海外での演奏活動も豊富な方。
荒川康男(b)さんはバークリー・ミュージック・カレッジ(作、編曲科)卒。
1994年10月には「ジャパン・ジャストジャズ・オールスターズ」の一員としてニューヨーク公演に参加し、カーネギーホールやアポロシアターでも演奏。
そして、ドラマーはいつもの奥田“スインギー”英人 さん。

円熟味のある演奏を堪能できます。
ご一緒にいかがですか。