Jazz platz ジャズプラッツ

ジャズプラッツでライブを楽しみませんか

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中牟礼さん


写真は中牟礼さんのウェブサイトからお借りしました。かなりクラシックですね。
ギター一筋の中牟礼さんは宣伝など必要ないとお考えのようで、ウェブサイトは形ばかりでスケジュールも出ていません。チラシ用の写真をお願いすると、丁寧なお手紙と共に一枚の写真が送られてきました。我がデザイナーは残りお二人のデジタル写真と鮮明度に差がつかないよう苦労してくれたようです。

中牟礼さんと吉野さんはよく一緒に演奏されます。とくに、宮野裕司(sax)、中牟礼貞則(g)、吉野弘志(b)、池永一美(ds)のカルテットはファンも多いです。

吉野さんと竹内直さんは月に一度はマイク・レズニコフさんのバンドで一緒です。ジャズ多摩時代にお呼びして好評でしたね。

中牟礼さんと竹内直さんはライブハウスでの演奏はあまりないのですが、竹内さんの渾身のCD「オブシディアン」には中牟礼さんも参加されています。このCD、ウェブ上でも好評です。ジャズプラッツの第一回竹内直トリオの際にも販売したのですが、すぐ売り切れてしまいました。

こんな風に、各人の演奏の糸は繋がれているのですが、この3人でライブというのは昨年が初めてだそうです。きっかけは国立のライブハウス「NO TRUNKS」のマスター。竹内さんのバスクラに吉野さんと中牟礼さんの弦の音を心で聞いて(多分・・・)、この3人の組み合わせで出演を依頼されたそうです。昨年の3月でした。それが好評だったので、10月にまた企画された時に私も聞いて、その場でお願いしました。
キャリアの長い3人ですが、一緒に組むのはまだ三度目とは、面白いですね。

予約を入れてくださった方が、学生時代に中牟礼さんにジャズ ギターを習ったと書いてこられました。45年くらい前のことだそうです。「当時中牟礼さんはすでにベテランでしたから、現在75歳くらいでしょうか」と書いておられますが、いえいえ、今年79歳になられます。お祝いごとは数え年でするので、今年は傘寿のお祝いです。とても、そんな風には見えませんけれど。

レギュラーグループではなく、お願いしないとできない特別仕様の組み合わせです。今後もめったに聞けないトリオです。素晴らしい演奏をお楽しみください。そして、中牟礼さんの演奏姿に元気をもらってください。50,60はまだ青い、と思わされること、請け合いです。

ご予約は「美膳」042-338-0602にお電話をどうぞ。
メールの場合は左欄のメールフォームからお願いいたします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。