Jazz platz ジャズプラッツ

ジャズプラッツでライブを楽しみませんか

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安カ川さんは幼少からピアノを習い、明治大学入学後にオーケストラに入部してコントラバスを始めたそうです。余談になりますが、ベーシストはピアニストやドラマーと違って、運命の楽器に出会う時期が遅い人が多いですね。今までジャズプラッツに来てくださったベーシストを例にとっても、吉野弘志さん、上村信さん、増原巖さん、荒巻茂生さん、須川崇志さんなど、みんな18歳になったころにベースに出会っています。安カ川さんは大学卒業後企業に就職されたそうですが、一年で退職し、音楽に専念するため関西から上京されたそうです。やはり、ベースとは運命の出会いだったのでしょう。

安カ川さんのソロアルバム「Let My Tears Sing」(2002年発売)を聞きながら書いていますが、力強く、太く深い音が体に響いてきます。曲によって優しいやわらかな響きになり多彩な音色が楽しめます。このアルバムは、2009年に鈴木央紹トリオ(安カ川大樹(b)、原大力(ds))で来ていただいたときに購入したのですが、私にはいろいろな思い出が詰まっています。

当時はまだ「ジャズ多摩」の名前でライブを企画し、会場のレストラン探しに奔走していた時期です。ジャズ多摩10回目のライブで、ついに立川まで範囲を広げて会場を探し、やっと開催したときでした。常連客は立川まで足を運んでくださって盛況に終えることはできたのですが、裏ではいろいろあって、もう潮時かなと本気で考えた時期でした。また余談に流れてしまいましたが、現在はレストラン「ルヴェソンヴェール南大沢」の全面的な協力が得られて大変幸せです。多少の問題が生じても、「大丈夫です。何とかしましょう」と言う店長兼シェフの笑顔を見ると不安が霧散します。店長はじめスタッフの皆さんにはいつも感謝しています。

安カ川さんはベースソロ、デュオ、トリオ、カルテットとそれぞれの形を大事にしてライブ活動をされているとても忙しい方です。それに加えて、9人編成の「ラージアンサンブル」を立ち上げ、若手の個性的な実力者をそろえたビッグコンボの迫力や楽しさを発信しています。今年のスケジュールはツアーが目白押しで、「お体をお大事に」と、つい呟きたくなります。
3月半ばにはベースソロで関西に4日間、
5月末から6月にニューヨーク東京コネクション(Dave Pietro(as)、Jonathan Katz(p)江藤良人(ds)、安ヵ川大樹(b))ツアーで10日間、
6月末から台湾ツアー(楊曉恩(sax)、田中菜緒子(p)、安ヵ川大樹(b)、坂本健志(ds))で9日間、
7月14日からNew York Standards Quartet Japan Tour (Tim Armacost (Ts)、David Berkman(p)、Gene Jackson(Ds)、安ヵ川大樹(b))で22日間、
8月13日からは台湾ツアーのメンバーで8日間の日本ツアー、今頃は富山から岐阜へ回られる予定です。

連日のライブ活動に加えて、安カ川さんの音楽活動にはもう一つ大きな柱があります。2008年に立ち上げた「ダイキムジカ」(D-MUSICA)です。音楽配信が主流になり、CDが売れない時代に、「妥協ない音楽を創り上げ、世に送り出すレーベル」とうたってレーベルを設立したことは、ジャズ市場の現状への挑戦であり、ミュージシャン仲間への応援であり、何よりも安カ川さんの音楽に対する強い思いの表れだろうと推察します。いかに優れた作品でも、それを販売ルートに乗せるのは困難な時代ですが、海外の流通業者との提携も行い、「レーベルを通じて海外との懸け橋になれればいい」と、インタビューで語っています。広い視野に立つ安カ川さんの活動を応援したいと思います。ダイキムジカの商品をご覧ください。D-musica 若手ミュージシャンのアルバムもたくさんリリースされています。

お盆休みも終わり、ポケモンGOもニュースの話題から去り、オリンピックは後半に入って、世の中はまた少し落ち着いてきたようです。このへんで予約の受付を開始したいと思います。なかなか集う機会のない4人のベーシストのカルテット、ぜひ一度お聞きください。ご予約はルヴェソンヴェール(042-677-3301)にお電話でどうぞ。このサイトのメールフォームからも受け付けますので、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。