Jazz platz ジャズプラッツ

ジャズプラッツでライブを楽しみませんか

DSC05803_convert_20131021204731.jpg

吉野さんはジャズプラッツではもうお馴染みなので、書くことがないから書きません、というのは、やはりダメですよね。

2008年からご縁がありますが、ジャズプラッツと改名してからすでに三度目の出演です。
正直なところ、吉野さんを呼ぼうと意識しているのではなく、ライブハウスでいろいろなグループを聞いていて、いいな、呼びたいなと感じるとそこに、さり気なく吉野さんも入っている、というのが私の感想です。多摩地区にいろいろなジャズマンを紹介したくて、様々なグループを聞いているつもりなのですが・・・。

吉野さんのベースは、高速フレーズでアグレシブに自己主張するわけではなく、弾く姿も静かで、アコースティックな音を気持ちよく響かせるという、あくまでオーソドックスな演奏スタイルなのですが、それが却って存在感を増しています。

吉野弘志さんをイメージするとき「やわらかな頑固者」という言葉が浮かびます。「やわらかな」と「頑固」は本来矛盾する言葉ですが、吉野さんの場合は矛盾しないと私は思うのです。ご本人は「はみ出し者ですから」と言っていますが、ジャズベーシストという太い芯は頑固に貫いていながら、志向しているのは民族音楽、即ち、能の笛方とのコラボやモンゴル民謡、アラブ音楽。

「はみ出し者」とは吉野さんが謙遜して言っているだけで、彼自身の中では民族音楽を通してジャズを深化させているように思えます。「アラブ音楽に接することによって逆にジャズがより近くなる」と感じるという彼自身の言葉からもそれが伺えます。発想も演奏も柔軟で自由なのです。吉野さんの演奏を聴いていると、ジャズは自由度の高い音楽であることを改めて実感できます。

今回はまさにコアなジャズです。吉野さんも本領を発揮してくださるでしょう。
バート シーガー トリオのツアーはもう始まっています。初日の上町は台風にもかかわらず大勢のファンが集まったようで、池長さんの感謝の言葉がフェイスブックに載っていました。下鴨神社コンサートも満員の盛況だったそうです。ジャズプラッツでの演奏は日本で最後の夜になるので、一段と盛り上がるでしょう。
会社の帰りにでも是非お寄りください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jazzplatz.blog134.fc2.com/tb.php/104-6a54eb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック