Jazz platz ジャズプラッツ

ジャズプラッツでライブを楽しみませんか



浜崎航さんというと、「次世代をけん引する若手サックス奏者」とか、「医師免許、潜水士免許、スクーバダイビングインストラクター、一級船舶免許を持つ異色のサックス奏者」と、紹介されます。私も、まずはその定型に従って紹介いたしますね。

浜崎さんのお父上がジャズ大好きな方で、自宅には「ものすごい数のレコード」があったとか。長崎出身の浜崎さんは中学生のころから父親や、福岡で活躍するアルトサックス奏者の菅原彰二氏の影響を受けてジャズに目覚め、サックスを吹くようになったそうです。高校時代には地元の社会人ビッグバンドに加わって演奏活動をしていました。そして、バークリー音楽大学の奨学金を獲得するほど、上達しました。

でも、1996年に名古屋市立大学医学部に入学しています。やはり、異色ですよね。
ここからが、理解不能なのです。医学部での勉強というと他の学部の比ではありませんが、イベントやコンサートなどの演奏活動を続け、それだけならまぁ、理解できるのですが、2000年にはシアトルのジャズシーンで活躍していたドラマー、Clerance Acoxの率いる、「レガシー・カルテット」と称されていたカルテットのメンバーとして、有名なジャズクラブ「Tulas’」で演奏し、ジャズフェスティバルにも出演しています。

さらに、2002年にも、1950年代のカウント・ベーシー楽団で活躍したサックス奏者Frank Wessのビッグバンドのメンバーとしてポート タウンゼント ジャズフェスティバルに出演し、翌年2003年にはシアトルで「Tulas’」でのライブ録音を初のリーダー作として発売しています。渡米する飛行機の中で勉強していた?とは思えないし、音楽と医学をどう両立させたのか理解不能ですが、2004年には目出度く医学部を卒業して、医師国家試験に合格し、医師免許を取得しました。そして、医学を捨てて音楽を選んだ。

思うに、浜崎さんは熱い心の持ち主で、何事にも全力投球し、中途半端にしない方なんでしょうね。この写真は気難しそうで近寄りがたいお顔ですが、ご本人はとても気さくで明るい方です。片倉さんとのでデュオでは、浜崎さんは理系の人らしく曲の解説は明快で詳しくよどみなく、片倉さんはとつとつと、情緒を伝える話しぶり、気心の知れた二人のバランスが絶妙で、曲の合間の会話を聞くのも、二人の音楽を聴くのと同じくらい楽しいデュオです。

明るくて朗々と響くサックスの音色と、美しく澄んだピアノの音で奏でられるデューク・エリントンの名曲をお楽しみください。
ご予約はルヴェソンヴェールにお電話で(042-677-3301)、またはこのサイトのメールフォームでお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jazzplatz.blog134.fc2.com/tb.php/130-372436bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック