Jazz platz ジャズプラッツ

ジャズプラッツでライブを楽しみませんか



工藤さんは北海道出身で、弘前大学に入学後ジャズ研に入部してウッドベースに目覚めたそうです。北海道で活動していましたが、ギタリストの廣木光一グループに参加したのを機に上京しました。2001年には川嶋哲朗グループでセネガルやギニアツアーに参加し活動の場を広げてきました。

現在は高橋知己(ts)カルテット(生田さち子(pf)、斎藤良(ds)、工藤精(ds))、ブルームーンカルテット(黄啓傑(tp)、富永寛之(uke,guitar)、木村純士(ds)、工藤精(b))、その他Orange pekoeのサポートメンバーなど、多忙な活躍ぶりです。

Twitterで工藤さんの奥様が「ツアーだらけの夏」と書いていますが、今年の夏は毎月ツアーで忙しそうでした。特に、「ゆるやかな軽音楽」をテーマにした自由な演奏スタイルで人気のあるブルームーンカルテットでは7月初旬に西日本ツアー、中旬から8月初めまで北海道ツアー、8月下旬は京都から金沢を回るツアーでした。9月に入ると福井アミ・アルバムリリースツアーで初旬は長野、富山、岐阜などを回り、ジャズプラッツのライブの後は高橋知己カルテットツアーで10月初旬まで北海道です。奥様のつぶやき(溜息?)もよく理解できますね。

ツアーの合間には、池長一美(ds)、市野元彦(g)、佐藤浩一(p)、その他さまざまなミュージシャンと都心でのライブに出演しています。今回のコントラバスカルテットの中で一番若手の工藤さんもこの忙しさですから、吉野さん、安カ川さん、水谷さん、工藤さんの4人が揃うということは、誰かが働きかけないと実現しないことが理解していただけると思います。

そんなわけで開催する今回の”Four Basses on the Platz”、なんと一週間前に満席となり、席を増やして90席、これ以上は無理ということで予約を打ち切らざるを得なくなりました。
「待っているファンはたくさんいらっしゃるんですよ。次回は2年もあけないで開催してくださいね」と吉野一門の幹事の方に申し上げたい気持ちです。

22日頃に関東を直撃すると予想された台風も、遠慮してか、さっさと立ち去ってくれるようです。予約してくださった皆様ありがとうございます。当日は少々窮屈になるかもしれませんが、素晴らしい音楽をおおいに楽しみましょう!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jazzplatz.blog134.fc2.com/tb.php/175-fa78a79b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック