Jazz platz ジャズプラッツ

ジャズプラッツでライブを楽しみませんか

kamaguchi\convert_20170313002321


マサ・カマグチこと、釜口雅敏さんは北海道の稚内生まれです。現在はスペインのバルセロナ在住です。GMF(Global Music Foundation)に掲載されたプロフィールによると、14歳でエレクトリックベースを始め、1985年に法政大学に入学後、アコースティックベースを本格的に学んだそうです。

1990年にボストンのバークリー音楽大学に入学し、ジョージ・ガゾーン、バート・シーガー、ハル・クルックなど優れたミュージシャンと出会い、ヨーロッパや北欧へのツアーを何度か行っています。

1994年にニューヨークに拠点を移し、多くのミュージシャンと共演した後、2006年にバルセロナに移り、現在に至っています。興味深いのは、Wikipediaに掲載されたカマグチさんの記事はドイツ語サイトで、スペイン語サイトにはありません。ドイツにもファンが多くて、誰かが記事を作成したのでしょう。スペイン在住だのに、スペインのファンはなぜ書かないの?と言いたくなりますね。いえ、それより、ご自身でウェブサイトを立ち上げていただきたいですね。Face Bookはあるのですが、友人が投稿した写真や記事ばかりです。

私はご本人のことをよく知らないままに昨年初めて演奏を聞いたのですが、大陸的な人柄で、きっと音楽以外にはあまりこだわらない人ではないかしら、なんて思いました。たたずまいがとても自然で気取りも力みもなく、音楽が始まるとすっと音の中に入って集中するという感じでした。

前述のGMFの人物紹介の最後を要約すると、「直観の鋭いプレイヤーで、独特のサウンドでアコースティックベースに新鮮な視野を開く。温かな音色とモダンなスタイルが持ち味の多才なプレイヤーで、広範囲な音楽の影響を受け、それらが反映されて彼の素晴らしいコンセプトが形成されている」と称賛しています。

日本のウェブサイトにはあまり登場されないのですが、2015年5月の「ジャズ批評」では珍しくインタビューを受けています。それによると、家族の関係でバルセロナに移ったので、特にスペインに思い入れがあるわけではないが、中南米と言語が同じなのでラテン音楽のプレイヤーが多く来て、それがアンダルシアの音楽と混ざる面白さがあるとのこと。ニューヨークには定期的に長めに滞在して活動をしているそうで、ジャズプレイヤーとしてはニューヨークではやはり帰ってきたという気持ちになると、語っていました。

スペインでジャズを演奏するのと、アメリカや日本で演奏する違いを聞かれて、「実際考えると、それぞれ何をやっているのかわからないんですが(笑)、NYとくらべるとのんびりと音楽に向き合えるような気がしています」と答えています。この、ゆるい、というか、飾らない答え方が私の受けた印象とつながったような気がして思わず頷いてしまいました。

インタビューの最後に、「今後は日本にも定期的に帰って、活動も増やしていきたい」と語っていますので、これからは日本のジャズシーンにももっと登場されるでしょう。まずは3月24日、ボストンの旧友トリオの演奏で、素晴らしいジャズをお楽しみください。

ご予約はお早めにルヴェソンヴェール(042-677-3301)にお電話でお願いします。このサイトのメールフォームでもお待ちしています。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jazzplatz.blog134.fc2.com/tb.php/187-39801aea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック