Jazz platz ジャズプラッツ

ジャズプラッツでライブを楽しみませんか

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Mariola_Membrives_KamaguchiExib2016_convert_20170314172359.jpg

前回のカマグチさんの紹介記事で、掲載できなかった部分がありましたので、追記します。ブログの調子が良くなかったのか、私の技術が未熟なのか(たぶんこっちだと思いますが)、リンクを張れなかったので割愛した部分です。せっかくですから、スペインの音楽を聞いていただきたいと思いました。
以下、無事リンクが晴れることを祈りつつ、追記します。ウェブに掲載されていたエピソードです(World Music Centralからの抜粋です。今問題になっている著作権に触れるかも・・・?)

オンライン・マガジンのWorld Music Centralの記事によると、ポルトガルのEvora(エヴォラ)で開催されたEXIB 2016(イベロアメリカ・ミュージックEXPO 2016)において、大地震の後で参加できなくなったエクアドルの歌手に代わって登場したのがMariola Membrivesとマサ・カマグチの二人でした。Mariola Membrivesはカタルーニャの音楽院(ESMUC)でフラメンコのディプロマを取得し、ジャズやラテン音楽も学んだフラメンコ歌手でありダンサーで、カマグチさんとよく共演しています。

「メンブリベスはフラメンコとジャズボーカルのテクニックを織り交ぜて歌っていたが、マサ・カマグチはうねうねと複雑なジャズベースラインを弾き通した。それは予想外の組み合わせで、ステージで同時に二つのパフォーマンスが繰り広げられているように感じ、効果的だった」

そういう弾き方もすれば、同じデュオで歌によってはこういう弾き方もするというカマグチ氏の多才ぶりをご覧ください。
www.youtube.com/watch?v=nanhs9TEzJY
https://www.youtube.com/watch?v=nanhs9TEzJY

フラメンコもいいですね。
このyoutubeはEXIB2016での演奏ではありません。場所も曲も全く違います。私が聞いたカマグチさんの演奏とも違います。youtubeで探していろいろ演奏を聞くと、「実際考えると、それぞれ何をやっているのかわからないんですが」という言葉の後ろの広がりが見えてくるようで、とても興味深いので、聞いていただきたいと思いました。

改めて、ライブの予約をお誘いします。
ご予約はルヴェソンヴェール(042-677-3301)にお電話でどうぞ!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jazzplatz.blog134.fc2.com/tb.php/188-2cdf3346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。